「関門トンネル人道」ってこんな所【山口県~福岡県】

旅、観光

前から行きたかった「関門トンネル人道」を歩いてきました。
今回は、下関(山口県)から門司(福岡県)へ渡ってみます。

人道トンネルってどこにある?

海流の流れが早い関門海峡、今日も大小様々な船が行き交っています。

その両端にかかる関門橋はいつ見ても圧巻の眺めです。

関門トンネル人道入口ですが、関門橋から200mほど脇にあります。

地下55~60mまで降りて、全長780mの距離を歩きます。

営業時間と料金は以下の通りです。(2023.01.11現在)

営業時間6:00〜22:00
料金・歩行者:無料
・自転車、原付(50cc以下):20円(押し歩き)

自転車も2~3台乗れる大きめのエレベーターで地下に降りていきます。

地下へ降りて、歩いてみた

20~30秒ほどで地下に降りてきました。
観光客やウォーキングしている人の姿が見られます。

人が捌けたので、直線を撮影してみました。
少しづつ下がりながら、道がまっすぐに伸びています。

壁には、所々海洋生物のイラストが。

数分で中間地点(県境)に着きました。
「県境あるある」でしょうけど、県境線をまたいだ写真を撮っている人もいらっしゃいました。

今度は少しずつ登りながら、門司(福岡県)側に着きました。

両端とも似たような建物ですが、ここはもう福岡県。
良い運動になりました。

「和布刈(めかり)神社」の鳥居がお出迎え。
こっち側の景色もいいですね。

2023年も良い年でありますように。

では、また次回に。

関連情報

営業時間6:00〜22:00
料金・歩行者:無料
・自転車、原付(50cc以下):20円(押し歩き)
アクセス・【下関】「御裳川」バス停すぐ
・【門司】「関門トンネル人道口」バス停すぐ
関連サイト海峡出会い旅「関門トンネル人道」
北九州市観光情報サイト「関門トンネル人道」

コメント

タイトルとURLをコピーしました