【意外と簡単】チープカシオの電池交換【100均電池】

レビュー「書籍、小道具」

お気に入りの「チープカシオ」が死んでしまいました。

と言っても、約2.5年前に購入したので単なる「電池切れ」みたいです。

以前から「電池切れになったら、電池交換にチャレンジしてみよう。
と思っていたので、とうとうこの日が来たかという感じでした。

やってみると意外に簡単!
自宅にある工具で、費用も 電池代 100円(税抜、ダイソー製)だけで済みました。

※ 作業はあくまで僕流ですので、各自の作業は「自己責任」でお願いします。

事前準備「工具、電池など」

「チープカシオ 電池交換」などでググって情報収集。
いくつかヒットして、自宅にある「工具」と「指定型番の電池」を用意しました。

  • ボタン電池 「型番:SR626」
  • マイナスドライバー(小さめ)
  • 精密ドライバー

工具は本当に個人的なものなので「絶対にこれじゃないと。」と言うものではありません。
あとは「ピンセット」などもあると、もっと作業がはかどるかもしれません。

電池の型番は「SR626」。
100均(ダイソー)などで入手できます。

結構小さめの電池なので、落として無くさないように。
特に「子供の誤飲」には注意して下さい。

各電機メーカーからは「SR626SW」などの型番で販売されています。↓
もちろん100円以上しますし、他の型番もあるようです。

出典:amazon.co.jp

交換にチャレンジしてみる

裏蓋」を空けます。
マイナスドライバーを少し差し込んで、テコの原理で ”パカッ” と開きます。
少し力を加えますが、そこまで大きな力はいりません。

開けるとこんな感じ。
コイルなどの機械が見え、中心の少し上に電池が刺さっています。

接合部には、細いシリコン製の「パッキン」が入っています。
”防水機能” のために必要な部品なので、大事に扱って下さい。

電池はレバーのような金具部品で固定されているので、精密ドライバー(+ピンセット)などで取り外します。

新しい電池を入れます。(ここが一番の難所だと思います)
少し力を加えますが、金具の脇から滑り込ませるようにして入れ込みます。

蓋を閉める前に、最後に確認してください。

  • 秒針」は動いていますか?
  • パッキン」はきっちり納まっていますか?
  • 裏蓋」は上下逆になっていませんか?

以上を確認したら、裏蓋をパチッと閉じます。

以上で作業は終了です。
またこの先2~3年、時を刻んでくれるこの相棒と一緒に生活できそうです。

お店で交換するのは値段的に微妙・・という方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。
たとえ失敗したとしても、まぁ、時計本体が安いのでまだ泣ける値段かと。

では、また次回に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました