「福岡市動植物園」バリアフリー事情【植物園編】

ミュージアム

福岡市動植物園の「バリアフリー事情」の続きです。
前回は「動物園編」でしたが、今回は「植物園編」です。

ちなみに、前回の「動物園編」はコチラ。↓

バラ園、花壇を歩く

動物園からスロープカーを使って植物園の方に移動してきました。

動物園は「ベビーカー」が多かったのに対して、植物園はデイサービスなどのお出かけで「車イス」の方を多く見かけました。

「バラ園」です。
この日は5月中旬なので、まだギリギリ咲いていました。

バラ園全体の写真です。
広々と色々な種類のバラが真近で楽しめます。

通路の小さな段差(タイル部分)は、鉄板を敷いて段差を解消させています。
しかし、芝生部分もあったりするので、非力の介助者だと厳しい箇所もあります。

「花壇」です。
色とりどりの花が植えてあり、心が和みます。

このまま花壇を抜け、向こうにある「温室」に向かいます。

温室に入ってみる

温室へは正面玄関の横にスロープがあるので、ここから入ります。

入ってすぐ、上下左右と植物に囲まれます。
温室だけあって、夏は少し蒸し暑いです。

奥に進むと、綺麗な色の植物が目に留まります。
「作りもの」のような感じもします。

「ヒスイカズラ」と言い、熱帯性の植物だそうです。
初めて見ました。

「蘭のエリア」です。
職員の方が作業中でした。

「多肉植物」エリアです。
こんな大きなサボテンあまり見ないですよね。
トゲトゲが大きくて少しビビりました。

「大温室」エリアです。
建物の屋根が高く、背の高い熱帯雨林系の植物が周りを支配しています。

水が流れる音がして、少し癒されます。
不思議な空間です。

しばらく彷徨っていると、急に大きな花が!
ビックリ。

ラフレシアの模型でした。

再び、動物園に戻ってきました。

こういう感じで、動物園・植物園とも、設備の新しい所と古い所はありますが、ベビーカーや車イスで移動出来て1日楽しめます。

では、また次回に。

福岡市動植物園への行き方「交通案内」

施設名福岡市動植物園
所在地福岡県福岡市中央区南公園1-1
利用案内・営業時間:9:00~17:00(16:30)
・休館日:月曜(祝日の場合は翌平日、3月の最終月曜は開園)、
 年末年始
・入館料:600円~無料(各割引あり)
関連サイト福岡市動植物園【公式ページ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました