「潜水橋(せんすいきょう)」って何?

地域、文化

先日、地元の友人に会った時に「ウチの職場で ”潜水橋(せんすいきょう)”を知らない人がいて、少し驚いたよ」と話題になりました。

河川が多い私の地元「徳島県」ではメジャーな建造物ですが、他県ではそこまで知られてないのかな?と思い、今回検証してみました。

「潜水橋(せんすいきょう)」って何?

ウィキペディアでは「沈下橋(ちんかばし)」で定義されています。
いわゆるこういう橋で、「田舎の風景とかで見た事がある。」と思った方もいらっしゃると思います。

普段はのどかな橋ですが、台風とかで川が増水した場合は橋が沈んで渡れなくなります。
この様から「潜水橋」や「沈下橋」と呼ばれるのでしょう。

Wikipediaによると、

・「沈下橋」という名称が広く知られるが、河川行政用語としては「潜水橋」が公式の名称である。
また、他にも色々な呼び名があり、
・潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋、地獄橋
などとも呼ばれるそうです。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)「沈下橋」

なるほど、「地獄橋」は怖いな。

全国にどれぐらいの「沈下橋(潜水橋)」があるの?

1999年の高知県による調査によれば全国の一級河川及び支流には合計410か所の沈下橋があり、都道府県別に見ると、

・高知県(69か所)
・大分県(68か所)
・徳島県(56か所)
・宮崎県(42か所)

の順で多い。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)「沈下橋」

という事で、全国の50~60%の沈下橋が4県に存在する事になります。
なるほど、徳島県では全然珍しくないわけだ。

「潜水橋」が作られた背景

現在では増水時でも普通に渡れる大きな橋が架かっていますが、昔は今のような建築技術も無く、また短期間低予算で架けられる事から、こういう橋が一般的だったのだと思われます。

僕が子供の頃は、川が増水した時は大きく迂回しないと向こう岸に渡れないなんて当たり前でしたが、今では大きな橋も増えたので、ずいぶんと便利になったものです。

普段は河原岸まで車で降りたりして、アウトドアを楽しんでる姿もみられます。
のどかなで良い風景ですよね。

では、また次回に。

関連サイト

関連サイト沈下橋【Wikipedia】

コメント

タイトルとURLをコピーしました